Profile

prof
栗林 慧

−生物生態写真家−

1939年中国大陸で生まれる。

理科や工作が好きだった幼少期、1953年にディズニーが公開した「砂漠は生きている」というドキュメンタリーの映画を鑑賞したのを機に、映像の世界に惹かれていく。

その後、自衛隊員、保険会社社員の傍ら専門学校にて写真技術を学ぶ。1969年よりフリーの写真家となる。 1977年に長崎県に移り住み、昆虫を中心とした生態写真の撮影を精力的に行う。独自の工夫による昆虫スナップカメラを開発、アリ等の小型昆虫の接写技術を確立。その後、センサーを利用した撮影システム、5万分の1秒の高速ストロボ、超被写界深度接写カメラなどを次々に開発、唯一無二の生態写真を40年以上にわたり撮影し続けてきた。

1978年日本写真協会新人賞、1979年伊奈信男賞を受賞。2006年には科学写真のノーベル賞とも言われるレナート・ニルソン賞、2008年には紫綬褒章も受賞。


Vision

「自然に対して興味を持つ子どもをもっと増やすこと」


award

Award

1978
日本写真協会(PSJ)新人賞受賞
1979
Nikon Salon写真展「源氏螢」で伊奈信男賞を受賞
1991
西日本文化賞受賞
1992
日本写真協会(PSJ)年度賞受賞
1992
SONYハイビジョンソフト「ファーブルシリーズ・トンボ」で地球環境映祭・国際高品位映像祭のハイビジョン撮影賞受賞
2000
平成12年度・第41回科学技術映像祭で内閣総理大臣賞受賞
2001
講談社「週間現代」ドキュメント写真大賞受賞
2002
日本写真協会(PSJ)写真集「栗林慧全仕事」で年度賞受賞
2003
平成14年度・第43回科学技術映像祭でテレビ朝日系放送「素敵な宇宙船地球号」「里山を育む昆虫たち」が文部科学大臣賞受賞
2003
児童書「アリになったカメラマン」が産経児童出版文化賞受賞
2006
科学写真の実績に贈られる大賞、レナート・ニルソン賞を受賞《スエーデン:レナート・ニルソン財団による》
2008
紫綬褒賞受賞/平戸名誉市民に認定される
2015
撮影総監督として携わった世界初の3D昆虫映画「アリのままでいたい」を公開